▲TOPへ

MASUYA DAILY NEWS » Black sign

Archives

Black sign

DjangoAtour “da indigolinen shirtcardigan”



今日ご紹介する「店主の装い」は…

無骨なシルエットが魅力のワークパンツに、インディゴリネンシャツを合わせています。古いフレンチワークの雰囲気をイメージした装いです。













□ cap:DjangoAtour
 “drapers linen cap”
□ shirt:DjangoAtour
 “da indigolinen shirtcardigan”
□ inner:BlackSign
 “fancy brosom L/S henley jersey”
□ pants:DjangoAtour
 “tanker work paraffin pants”
□ shoes:Makers
 “horse single”

DjangoAtour “da indigolinen shirtcardigan”



今回ご紹介する「店主の装い」は…

ヘリンボーン織りのインディゴリネンを使って製作した “da indigolinen shirtcardigan” でコーディネート。一昨日は山形市内も30℃の夏日。直射日光が当たるとすごく暑くて、日陰を探しながら あちらこちら移動しての撮影になりました。



今作は、天然染めの上質なベルギーリネンで仕上げた “da belgium-linen shirtcardigan” の素材違いです。



アンティークのシャツを参考にしながらよりシンプルに再構築された素朴なデザインとサイズ感はそのままに、よりハードに着倒せる1枚に仕上がっています。



ゆったりとした袖、身幅、裾幅、そして首元。ざっくりと羽織れるそのシルエットは、今回のインディゴリネンの生地ともベストマッチ。使いこんでいくとさらにいい感じになりますよ!



ボトムには、無骨なワークパンツやオーバーオールもお勧め。 フレンチワーク、アメリカンヴィンテージワークと、いろんなイメージに合わせたワークスタイルも楽しめます。コレ、ほんとかっこいいですよ〜!



□ hat:DjangoAtour
 “chevalier linen hat”
□ shirt:DjangoAtour
 “da indigolinen shirtcardigan”
□ t-shirt:BlackSign
 “short sleeve amish underwear”
□ pants:DjangoAtour
 “indigocheck knickers”
□ shoes:DjangoAtour
 “german leather shoes”

DjangoAtour “da belgium-linen shirtcardigan”



今回ご紹介する「店主の装い」は…

一昨日入荷した、ジャンゴアトゥールの新作 “da belgium-linen shirtcardigan” で コーディネートしています。





撮影した一昨日は、山形市内も30℃の夏日。リネンニッカーズにTシャツを合わせ、その上にシャツカーディガンを羽織っています。









こんな着こなし、すごくイイですよね。ゆったりとしたのサイズ感と薄手なベルギーリネンの質感が、清涼感のある装いを演出してくれます。たとえば、パンツを “linen easy hsm pants” に はきかえても、リラックス感のある大人のスタイルを楽しめますね。







□ cap:King Rich Bros.(DjangoAtour)
 “brat beret”
□ shirt:DjangoAtour
 “da belgium-linen shirtcardigan”
□ t-shirt:BlackSign
 “short sleeve amish underwear”
□ pants:DjangoAtour<AL>
 “victorinas work heavylinen knickers”
□ shoes:Rolling dub trio
 “shepherd”

BLACK SIGN “Paraffin Weather Motercycle Breeches”



今回ご紹介する「店主の装い」は…

サンサーフのアロハシャツに、ブラックサインのブリーチーズを合わせた、僕の夏スタイルです。









□ aloha shirt:SunSurf
 “APE”
□ pants:BlackSign
 “Paraffin Weather Motercycle Breeches”
□ boots:BlackSign
 “Army Last Mid Cut Dress”
□ hat:私物
 

BLACK SIGN “Paraffin Weather Swindler Vest”



今回ご紹介する「店主の装い」は…

ブラックサインの “Paraffin Weather Swindler Vest” をベースにコーディネートしています。この装い、ベスト・Tシャツ・パンツが、ブラックサインの新作。すごく気に入っているオススメのスタイルです!



ボトムには、光沢のあるヘヴィー・リネン・ツイルを使って仕上げた “Linen Twill Sheriff Breeches”をチョイス。しっかりとした生地感とリネンならではの絶妙なドレープ感が お洒落心をくすぐりますね。これからの季節に大活躍しますよ。



ベストの上には ジャンゴアトゥールの “classic linen longjkt” を羽織っています。透け感のある薄手のリネンの素材感とデザインとが見事に調和した、クラシック・モダーンな1着。ブラックサインのブリーチーズとの相性も抜群です。“夏の装い” にオススメです。



ちなみに、パンツをベストと共生地の “Paraffin Weather Motercycle Breeches” に換えて、セットアップにしてもかっこいいですよ。



ジャケットを脱いで。



Tシャツは、今年の新色 “Military Green”。 この渋〜い色合わせがいいでしょ。ブラックサインらしい男臭さがたまりませんね。



足元は、“Army Last Mid Cut Dress”。ブラックサインのブリーチーズの装いに欠かせない1足です。“Navy Last Dress Oxford Shoes” と合わせてもよかったかな。



□ jacket:DjangoAtour<AL>
 “classic linen longjkt”
□ vest:BlackSign
 “Paraffin Weather Swindler Vest”
□ t-shirt:BlackSign
 “Single Jersey Short Sleeve V-Neck Underwear”
□ pants:BlackSign
 “Linen Twill Sheriff Breeches”
□ boots:BlackSign
 “Army Last Mid Cut Dress”

COLIMBO “OLD MIDSHIPMEN’S BIB OVERALL”



今回ご紹介する「店主の装い」は…

COLIMBO(コリンボ)の新作、“OLD MIDSHIPMEN’S BIB OVERALL”<Grosgrain>で コーディテート。シンプルな装いだけど、雰囲気満点でしょ!







N-1ジャケットとのセットアップで使用していたデッキクルー用のパンツをベースに、当時一級の断熱材として使用されていたアルパカウールパイルのライニングを取り外し、3シーズン着用できるようにアレンジしたビブオーバーオールです。







パラフィンをコーティングしていないコットングログランを使用しているので、厚手ながらしなやかな履き心地です。さらに、サイド(股上)が深く、お尻周りもゆったりとしたシルエットは、とても動きやすく、使い勝手も抜群。そのうえ、かっこいいんだから、もう言うことナシですね。







「14oz Denim」で仕上げたタイプとはまた違った魅力がありますね!

□ cap:Buzz Rickson’s
 “army denim cap”
□ long-sleeve tee:BlackSign
 “fancy brosom L/S henley jersey”
□ pants:Colimbo
 “old midshipmens bib overall”
□ shoes:Makers
 “horse single”

BLACK SIGN “french worker gather shirt”



今回ご紹介する「店主の装い」は…

ブラックサインの「フレンチワーカー・ギャザーシャツ」をベースに、コーディネートしています。







シャツの上に ジャンゴアトゥールの “クラシックファーマーズリネンコート” を羽織り、 ボトムに“タンカーワークパラフィンパンツ” を合わせています。ナチュラルカラーのパナマハットもいいでしょ。







この装い、どこから見ても雰囲気がありますね。アイテムごとのシルエットや色合いもバッチリ! もちろん、コートを脱いだ シャツ&パンツのコーディネートもかっこいいですよ〜。



□ hat:H.W.DOG
 “panama hat / whipet”
□ eye-wear:DjangoAtour
 “reinhardt”
□ coat:DjangoAtour
 “classic farmers linen coat”
□ shirt:BlackSign
 “french worker gather shirt”
□ inner:BlackSign
 “BS short sleeve v-neck underwear”
□ pants:DjangoAtour
 “tanker work paraffin pants”
□ shoes:Makers
 “horse single”

Cushman “Herringbone Work Shirt”



今回ご紹介する「店主の装い」は…

CORONAの「ジャングル・スラックス」に、クッシュマンの「ヘリンボーン・ワークシャツ」を合わせています。



このシャツ、中肉厚で張りのあるヘリンボーン生地で仕上げてあるので、この時期シャツジャケットとして着るのにちょうどいいんです。









インナーには、ブラックサインのヘンリーネック・ロンTを着ています。もうちょっと、暖かくなったらこんな装いもいいですね。





□ shirt:Cushman
 “Herringbone Work Shirt”
□ inner:BlackSign
 “Fancy Brosom L/S Henley Jersey”
□ pants:CORONA
 “jungle slacks”
□ Boots:BlackSign
 “Army Last Mid Cut Dress”

BLACK SIGN “Fancy Brosom L/S Henley Jersey”



今日ご紹介する「店主の装い」は…

待望のブラックサイン “Fancy Brosom L/S Henley Jersey” が再入荷! このカットソーは かっこよくて 使い勝手もいいので、大好評なんです。僕はホワイト、ブラックともに一年中着ていますが、とくに春と秋はヘビーローテーション。さっそくジャケットと合わせたコーディネートをご紹介します。









17番単糸で編み上げた生地は、素肌に1枚で着ると気持ちいいんです。なにげないヘンリーネックのロンTのようだけど、とても表情があるですよ。襟とカフスにはスレキが、また胸にはリネンヘリンボーンの当て布が施してあるので、スタンドカラーシャツに近い感覚で着ちゃいますね。これが、ほんと合わせやすくて、すごく気に入っています! やや薄手ながら適度にハリがある生地感は春夏に最適で、少し短めのスリーブもこの時期にはぴったりなバランスです。









今日は、お気に入りのへヴィリネンツィルのジャケットのインナーに。こんな装いにも、バッチリでしょ!

□ jacket:DjangoAtour
 “da 3b linen jkt”
□ cut&sewn:BlackSign
 “Fancy Brosom L/S Henley Jersey”
□ pants:DjangoAtour
 “da intuck heavylinen pants”
□ sneaker:Makers
 “Vittoria”

BLACK SIGN “Linen Twill Crown Pants”



今日ご紹介する「店主の装い」は…

ブラックサインの新作 “Linen Twill Crown Pants” をベースにコーディネートしています。







光沢のあるヘヴィー・リネン・ツイルを使って仕上げたこのパンツは、ウエストのハイ・バンドやヒップラインから裾にかけてのワイドなシルエットが特徴。独特のドレープ感がすごくイイんです! 今の時期は、ウエストコートに着込んだリネンのジャケットとの組み合わせが、僕にはしっくりきました。





お気に入って被り続けているボーラーと、HOBO(渡り鳥労働者)をデザインソースに作り上げたメイカーズの靴も、今回の装いのポイントです。



このパンツ、“French Worker Gather Shirt”“Linen Weather Pull Over Shirt” とシンプルにあわせてもいいですよ〜!

□ hat:私物
□ jacket:DjangoAtour<AL>
 “classic linen tailor jkt”
□ vest:DjangoAtour<AL>
 “victorians linen waistcoat”
□ cut-sewn:BlackSign
 “fancy brosom l/s henley jersey”
□ pants:BlackSign
 “linen twill crown pants”
□ boots:Makers
 “horse single”

Copyright (C) MASUYA DAILY NEWS.All Rights Reserved.