▲TOPへ

MASUYA DAILY NEWS » REDWING

Archives

REDWING

CORONA “STREAM JACKET / MILLERAIN COTTON OILED CLOTH”

お待たせ致しました! 今日、CORONA “STREAM JACKET”<MILLERAIN COTTON OILED CLOTH> が入荷しました!(☆当店別注モデルです。)

今作は、1950年代のMASLAND(マスランド)社のフィッシング・ジャケットをリファインしたアウターです。身幅や袖幅が大きく着丈の短いボックス型シルエットで、大小12個のフィッシングポケットはちょっと身の周り品を小分けに持ち歩くことにも◎。現代のタウンユースにもマッチする普遍的な機能美を持っています。「こんなモダンなフィッシング・ジャケットを街着としてさりげなく着てみよう」というCORONAらしい提案です。

今回当店では、100年以上の伝統のあるオイルドクロスの老舗メーカー “MILLERAIN”(ミラ・レーン)社のオイルドクロスを使用したモデルを別注しました。裏地にはナイロンタフタ(裏面がシレー&撥水加工)、衿の表側とカフスの内側にTCコールを貼った仕様は、雰囲気、着心地、使い勝手も最高です! さらに、今回使用しているオイルドクロスは、比較的ライトオンスで、匂いもなくワックス自体もベタつかないマイルドなものなので、アウトドアのフィールドだけでなく、毎日の普段着としてもお勧め。独特のオールド感も楽しめる実用的な1着です。

今回の装いは、ジャケットのインナーに、リネンシャツ + ツイードのベスト、パンツはタンカーワークパンツをコーディネート。また、足元にはレッドウィングの 1920’s アウティング ブーツ を合わせて、クラシックでスポーティーなアウトドアシーンを演出しています。ちなみに、帽子は僕も愛用してるH.W.DOGののビーバーハットです。やっぱり雰囲気ありますね〜。(まもなく今期分が入荷しま〜す!)

□ jacket:CORONA
“stream jacket / millerain cotton oiled cloth”, woods / size-M
□ vest:DjangoAtour<AL>
“tweed frock vest”, size-38
□ shirt:DjangoAtour
“classic wingcollar shirtcoat”, size-M
□ pants:DjangoAtour
“tanker work paraffinduck pants”, desertmocha / size-L
□ boots:Red Wing
“1920s outing boot”<Hawthorne>
□ hat:H.W.DOG&CO
“beaver”

[ 173cm /60kg / w78cm ]

DjangoAtour “antiqued german linen shirt”

きょうの「店主の装い」は…

ジャンゴアトゥールの新作 “antiqued german linen shirt”をベースにコーディネートしています。ボトムは、こちらもジャンゴの “tanker work paraffinduck pants”。どちらも、色合いの似た “mocha” をチョイス。この色合せがしたかったんですよね〜!

同系色なのに、スモーク調の色合いが特徴的なリネンと、無骨なダックパラフィン(コットン)との絶妙なコントラストが、すごくいいんです。

今日は、インナーに Olde Homesteader(オールドホームステッダー)の Tシャツ を着ています。このフライス編みの生地は、伸縮性にすぐれ肌触りも最高です。もちろん、雰囲気も抜群! もう少し涼しくなったら、ロングスリーブ にしてもいいなぁ。

スモック風のちょっとゆるめな着心地のシャツに、かなり太めに穿いた タンカーワークパンツ 。シルエットのバランスも◎ でしょ! 「germanwork × tankerwork」なジャンゴの装い、ほんと、かっこいいなぁー!

さらに、硫化染めのバックチノを使って仕上げた “classic country coat” を羽織って。このミドルレングスのコートは、ザックリと着こなせるだけでなく、色褪せるほど着込んでヨレヨレになってもカッコイイんです。今日のシャツとパンツの色合いにも、バッチリです!

こんな風に、“antiqued german linen shirt” × “tanker work paraffinduck pants” に、ジャケットやコートを合わせる着こなしは、これからの季節、大活躍間違いなし。シンプルだけどすごくカッコイイので、とってもお勧めです!

□ hat:DjangoAtour
“felt hat”
□ coat:DjangoAtour<AL>
“classic country coat”, black / size-M
□ shirt:DjangoAtour
“antiqued german linen shirt”, darkmocha / size-M
□ inner:Olde Homesteader
“crew neck short sleeve / heavy weight rib”, off white / size-44
□ pants:DjangoAtour
“tanker work paraffinduck pants”, desertmocha / size-L
□ boots:Red Wing
“Beckman / flatbox”<black klondike>

[ 173cm /60kg / w78cm ]
 

Cushman “Herringbone Fisherman Smock”

今日の「店主の装い」は…

クッシュマンの新作 “Herringbone Fisherman Smock” をベースにコーディネート。

“FRECH MARINE WORK” に着目したクッシュマンの新作は、フィッシャーマンスモックをモチーフにシャツのような感覚で着れるようにアレンジされた1着です。生地はしっかりとしたヘリンボーンを使用。ガシガシ着れるタフで着やすいジャケットに仕上がっています。クセがなくサラッと着れて、雰囲気もありますよ。

帽子もイイでしょ。H.W.DOG&CO.の定番の “ROLL CAP” です。ヨーロッパのフィッシャーマンキャップをベースにているので、クッシュマンのスモックにもバッチリ! 被った感じがニット帽に近いので、とても合わせやすいですよ。

足元は、レッドウィングのアウティングブーツ。今日のような装いにもイイでしょ。スタイル、色合い、履き心地、どれも抜群です。ニッカーズにもすごく合うので、これからますます出番が増えますね〜!

□ cap:H.W.DOG&CO.
“fisherman cap”
□ jacket:Cushman
“herringbone fisherman smock”
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork linen jodhpurs”
□ boots:REDWING
“1920s Outing Boot”
 

DjangoAtour “icelandicwool vest”

今日も、ジャンゴアトゥールのニットカーディガンの中に “icelandicwool vest” を着ています。ピュアウールを3ゲージで編み上げたアウターニットに合わせると、これがまたとっても暖かいんです。歳とともに、羊毛の良さや暖かさを痛感するようになりますね。

この頃は、ヘンリーネックのスウェットにベストの組み合わせがお気に入り。ちょっと抜いた感じがまたいいでしょ。“meister hat” もいい味を出しています。

□ hat:DjangoAtour<DAKR>
 “meister hat”
□ knitcardigan:DjangoAtour<AL>
 “classic shawlcollar outerknit”
□ vest:DjangoAtour
 “icelandicwool vest”
□ sweat:DjangoAtour
 “da henley sweat”
□ pants:DjangoAtour
 “tanker work corduroy indigo pants”
□ boots:Redwing
 “girard boots”
 

DjangoAtour “da factory pants”

 
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

2018年、最初の「店主の装い」は…

ジャンゴアトゥールの “da factory pants”をベースに、コーディネートしています。

トップスは、ジャンゴのセーターにマフラーを巻いて、コリンボのキルティングコートを羽織っています。

ベーシックな カバーオール丈のジャケット もいいけど、この着丈もすごく気に入っています。

後ろ姿もいいですね。

山形市内はここ数日は穏やかな天気で、雪もだいぶ消えました。今日の日中は、セーターにマフラーでも大丈夫なくらいでした。

なので、ジャケットを脱いで。
ん〜〜〜 この感じもいいですねェ!

“da factory pants”は、ジャンゴのボトムスの大定番。今作は、高密度な織のヴェンタイル・チノクロスで仕上げてあります。さらっとした肌触りで、張りもあり、一年中はけるパンツです。

すっきりとした端正なシルエットは、どんな着こなしにもマッチします。

□ cap:DjangoAtour
 “worques linen cap”
□ coat:Colimbo
 “utica barn quilted coat”
□ muffler:Dapper’s
 “Process woolen scarf”
□ sweater:DjangoAtour
 “classic mockneck sweater”
□ glove:Colimbo
 “linares leather glove”
□ pants:DjangoAtour
 “da factory pants”
□ boots:Redwing
 “girard”
 

Colimbo “utica barn quilted jacket” & DjangoAtour “wool easy pants”
















□ jacket:Colimbo
 “utica barn quilted jacket”
□ vest:DjangoAtour<AL>
 “tweed frock vest”
□ shirt:DjangoAtour
 “da highneck shirt”
□ pants:DjangoAtour
 “wool easy pants”
□ boots:Redwing
 “huntsman”
□ glove:Corona
 “hand made cashmere glove”
□ shoulder bag:Philip Anderson & bros.
 “P.A. M-model shoulder bag ”

きょうの「店主の装い」でした。
 

DjangoAtour “classic frenchwork coverall” & “wool easy pants”

「店主の装い」をご紹介。

レッドウィング ベックマン フラットボックスの特集 で撮った写真です。

くたびれてきたボーラーハットに、コットン・リネンのインディゴ・カバーオール。そして、ボトムはウール・イージーパンツ。どれも、もっと色が褪せ、肘や膝が出たくらいがより一層かっこいい、着倒したくなる服ばかり。そんなクラシックなワークスタイルです。

インナーには暖かなフライスのヘンリーネック・ロンTとパッチを着ています。もう、これなしではいられません(笑)

□ hat:Golden gate hat
 “Bowler Hat”
□ jacket:DjangoAtour
 “classic frenchwork coverall”
□ shirt:DjangoAtour
 “antiqued linen work shirt”
□ inner:BlackSign
 “henley neck amish underwear”
□ pants:DjangoAtour
 “wool easy pants”
□ underwear:BlackSign
 “amish drawers”
□ boots:Redwing
 “beckman / flat box”
 

DjangoAtour “s/p frenchwork coverall” & “french farmers moleskin pants”

レッドウィング ベックマン フラットボックスの特集 で撮った写真です。こんな装いはいかがでしょう。

ダブルニーのモールスキン・ワークパンツに、撚り杢のフレンチカバーオールを合わせて、アウターにはピュアウールを3ゲージで編み上げたショールカラー・ニットカーデを羽織っています。

そして足元には、レッドウィングのベックマン フラットボックス。こんなクラシックなファーマースタイルにも、この靴はすごくマッチします。

□ cap:DjangoAtour
 “worques linen cap”
□ knit cardigan:DjangoAtour<AL>
 “classic shawlcollar outerknit”
□ jacket:DjangoAtour
 “S/P frenchwork coverall”
□ sweat:DjangoAtour
 “classic german sweat” with “classique DA stud”
□ inner:DjangoAtour
 “classic henleyneck longsleeve”
□ pants:DjangoAtour
 “french farmers moleskin pants”
□ boots:Redwing
 “beckman / flat box”
 

DjangoAtour “classique french sackcoat” & BlackSign “heavy corduroy avignon trousers”

今日ご紹介する「店主の装い」は…

レッドウィング ベックマン フラットボックスの特集 で撮った写真を、こちらにもう少し掲載してみます。

太畝のコーデュロイ・トラウザーに、クラシックなフレンチサックコートを合わせています。

リネンビエラのクタッとした味のある上着の中には、リネンのスタンドカラーシャツにフレンチワークなニットカーデ。シュバリエ・ハットもオールドファーマーな雰囲気を演出しています。

そして足元には、レッドウィングのベックマン フラットボックス。こんな土の匂いのするワークな装いに、この靴はよく合いますね。

□ hat:DjangoAtour
 “chevalier hat”
□ jacket:DjangoAtour<AL>
 “classique french sackcoat”
□ knit cardigan:DjangoAtour
 “frenchworkers knit cardigan”
□ shirt:DjangoAtour
 “da s/c belgiumlinen shirt”
□ pants:BlackSign
 “heavy corduroy avignon trousers”
□ boots:Redwing
 “beckman / flat box”
 

REDWING “Beckman / Flat Box” col.Black Klondike

1920〜30年代頃の古い写真の中に見る農夫のワークスタイルと、彼らの履き込んだ靴からイメージを膨らましながら、コーディネートしてみました。レッドウィングのベックマンブーツ・フラットボックスは、こんな土の匂いのするようなワークな装いにもよく合いますね!

☆ ぜひ こちらをご覧ください。
>>> 特集 | レッドウィング ベックマン フラットボックス

Copyright (C) MASUYA DAILY NEWS.All Rights Reserved.