▲TOPへ

MASUYA DAILY NEWS » WAREHOUSE

Archives

WAREHOUSE

WESTRIDE “RIDING WAIST BAG”



今日ご紹介する「店主の装い」は…

ウエアハウスのポケットTeeに、ウエストライドのタイガーカモのショートパンツを合わせています。そして、足元は夏の定番「白」のスニーカー。アーミーハットも、一つあると重宝しますよ〜。

そして、今日の本題、ウエストライドのウエストバック。もともとはライディング用に製作されたバックですが、普段ショルダーバックとして使うのにちょうどいいんです。ホースハイドのオールレザー仕様は、かっこいいし、丈夫だし、言うことなし。さらに、財布に携帯のほか小物をちょっと入れるにピッタリのサイズなので、とくに夏は重宝しますよ〜!







□ bag:Westride
 “riding waist bag”
□ hat:Westride
 “denim army hat”
□ t-shirt:Warehouse
 “pocket s/s tee”
□ pants:Westride
 “cycle cargo shorts”
□ shoes:Moonstar
 “gym classic”

WAREHOUSE<DUCK DIGGER> “Lot DD-1003SXX LIMTED (1943 MODEL)”



WAREHOUSE<DUCK DIGGER>「DD-1003SXX LIMTED (1943 MODEL)」をご紹介します。
ウエアハウスのラインナップの中でも特にヴィンテージの再現率が高いDDシリーズ。実在するヴィンテージの個体差とも言える歪んだ縫製や特殊なディテールを余すことなく表現したプロダクツです。このダックディガー・シリーズの “DD-1003SXX” は、バックルバックの省略をはじめ、第二次世界大戦の影響で簡素化されたディテールを持った大戦モデルを忠実にトレースしており、左右非対称のバックポケットや、曲がったベルトループなど、戦時下ならではの歪さが現れています。また、フロントフライの裏側は下生地にロック処理が施されていないため、デニム生地のほつれが出るのもヴィンテージと同様の仕様です。この他、オリーブのヘリンボーン生地のポケットスレーキ、月桂樹があしらわれたドーナツボタンを使用したトップボタン、通常よりも長い両側面の押さえのステッチ、刻印の無いプレーンのタイプの鉄製・銅メッキリベットなどなど、随所に見応えのあるパンツに仕上がっています。特に、今回の “LIMTED” バージョンでは、バックポケットにペンキステッチが施されてる点も大きなポイント! さらに、腰まわりにゆとりがありながらもテーパードしているモダンなシルエットも、このモデルの特徴です。このシルエットは大戦モデルのイメージとしては意外ですが、実際にヴィンテージで存在していた奇跡的な1本を再現しています。 なお、当店では、size-30〜38インチをご用意しました。

 
★ 詳細・ご注文は >>> WAREHOUSE & CO.
 DUCK DIGGER “Lot DD-1003SXX LIMTED (1943 MODEL)”
 

DjangoAtour “da indigolinen shirtcardigan”



今日ご紹介する「店主の装い」は…

Tシャツ&ジーンズに、インディゴリネンシャツを羽織っています。シンプルなコーディネートだけど、帽子や靴で「僕らしさ」をちょっと出してみました。





毎日のように着ている ジャンゴアトゥールの “da indigolinen shirtcardigan”。いうまでもなく、デニムには相性抜群。ウエストライドのVネックTシャツともバッチリですね!



ウエストライドのTシャツは、定番の厚手のタイプ(#14-Tシャツ)がメジャーですが、この薄手(#30 コットン100%)のフォギーダイというウエストライド・オリジナルの生地もすごくいいんです! ムラ感のある表情豊かな風合いとやわらかな着心地が最高!! これ、傑作ですよ。ぜひ、着てみてください。



裾へのテーパーが強いシルエットのジーンズに、レザースリッポンシューズ。この組み合わせ、お勧めですよ! とてもバランスがいいんです。ちなみに、今日はいているジーンズは、505をベースに製作されたウエアハウスの 2nd-hand “Lot.1105。ユーズド感もさすがの仕上がりです。



帽子は、KING RICH BROS.の “Hand Knitting Brat Beret”。人里離れた山の麓で暮らすクレイジーな老夫婦と、RONDE & PIRACONIAさん(DjangoAtour)の共同企画によるコットンニットのベレー帽です。





販売促進部部長との 久々の2ショット。自然と表情がやわらぎます。


 
□ cap:King Rich Bros.(DjangoAtour)
 “brat beret”
□ shirt:DjangoAtour
 “da indigolinen shirtcardigan”
□ t-shirt:Westride
 “#30 v-neck tee”
□ pants:Warehouse
 “2nd-hand lot.1105”
□ shoes:DjangoAtour
 “slip on kipleather shoes”

DjangoAtour “classic frenchwork linen shirt / stripelinen”



今日ご紹介する「店主の装い」は…

クラシックフレンチワークデザインが凝縮された、ジャンゴアトゥールの「classic frenchwork linen shirt」。今回は、先日ご紹介した 無地のインディゴ染め・ブルーシャンブレー と、このストライプリネンの2色展開です。





ライトサックスがさわやかなストライプ。涼しげでシャリ感のある生地は、陽にかざすと透けるくらいなので、夏も着れますよ。





今日は、シンプルにウエアハウスのジーンズと合わせています。フランスとアメリカの無国籍ワークスタイル。好きだなぁ、この感じ。このワークシャツは、ジャンゴのシャツをまだ着たことのない方にもお勧めしたい1枚です。お手持ちにジーンズに合わせて、ぜひ着てみてくださいね〜!



□ beret:Liga Feliz
 “linen beret”
□ shirt:DjangoAtour<AL>
 “classic frenchwork linen shirt”
□ pants:Warehouse
 “2nd-hand lot.1101”
□ boots:DjangoAtour<AL>
 “classique boots”

COLIMBO “BETHPAGE SHORT JACKET”



今日ご紹介する「店主の装い」は…



きのう届いた コリンボの “BETHPAGE SHORT JACKET”を、さっそく着ています。



カラーは、37J1のような雰囲気を持った「KHAKI」をチョイス。張りのある生地感と色合い、襟、ポケット、リブ、そしてシルエットと、納得のかっこよさです!



今日は、インナーにシャツとクルーネックのTシャツを着ていますが、暖かくなったらTシャツ1枚でもいいですね。逆に寒い時は、中にセーターを着てもいいかな。



デニムとの相性もバッチリですね。チノをはじめワークトラウザーともコーディネートしやすいし、オーバーオールとの組み合わせもいいですよー!



後ろ姿もいいですね〜。深いラグラン袖とシルエットのバランスが見事です。



フロントジップは、開けても閉めても かっこよくキマリますね。ダブルジップなので、こんな感じで裾側のをちょっと上げてもいいですよ。



足元は、MAKERS(メイカーズ)の サイドゴアブーツ “VITTORIA”。今日のように、スッキリとしたシルエットのジーンズにもぴったりなので、ほんと大活躍! シャープな印象で、はき心地も抜群。そのうえ、渋くキマるので、はいちゃうんですよ。



□ cap:DjangoAtour
 “drapers linen cap”
□ jacket:Colimbo
 “Bethpage short jacket”
□ shirt:Cushman
 “chambray stripe work shirt”
□ t-shirt:Warehouse
 “pocket tee lot.4601”
□ pants:Warehouse
 “2nd-hand lot.1101”
□ boots:Makers
 “Vittoria”

Cushman “British Motorcycle Jacket”













きょうご紹介する「店主の装い」は…

クッシュマンのモーターサイクルJKTをメインにコーディネートしています。ヴィンテー感あふれるブラックのジャケットに、ウエアハウスのジーンズとローリングダブトリオのブーツとがベストマッチ!シルエットのバランスのいいですね〜!とくに、“Forester” オリーブ・スウェードのボリューム感と色合いが、きょうのスタイルの大きなポイントですね。そして、ウールベレーもいいでしょ。インナーにはジャンゴのセーターを合わせています。

□ beret:DjangoAtour
 “wool beret”
□ jacket:Cushman
 “British Motorcycle Jacket”
□ sweater:DjangoAtour
 “classic mockneck sweater”
□ pants:Warehouse
 “2nd-hand Lot.1101”
□ boots:Rolling dub trio
 “Forester”
 

Warehouse “2nd-hand raglan sleeve sweat” & DjangoAtour “wool easy pants”



きょうの「店主の装い」は…



クルーネックのスウェットにウールのイージーパンツで、足元はスニーカー。休日にちょっとコンビニまで・・・といった感じのラフな格好です。



スウェット1枚だと寒いので、ジャケットも持って。
こんな感じもいいですね〜!








□ jacket:Westride
 “mid ventile jacket”
□ sweat:Warehouse
 “2nd-hand raglan sleeve sweat Lot461”
□ pants:DjangoAtour
 “wool easy pants”
□ sneaker:Moonstar
 “gym classic”
 

COLIMBO “OBSERVER JKT #N-1 1st”



今日ご紹介する「店主の装い」は…



コリンボの「N-1」と、ウエアハウスの「1001」との ベーシックなコーディネートです。





コリンボの “shooting necker” もアクセントになっています。簡単に巻けて、暖かさも雰囲気も◎! これ、なかなかいいですよ。



トートバックは、フィルソン製。22オンスのヘヴィなコットンツイルにブライドルレザーとブラスパーツで仕上げたアメリカらしいタフな作りが魅力です。



シンプルで使いやすく装いの邪魔もしないので、いろんな装いにマッチします。もちろん、今日のようなスタイルにもバッチリですね!





ウエアハウスの “lot.1001” を穿き始めて もう20年以上になりますね。



ジーンズの中でなにか1本を選ぶとしたら、迷わずコレ! “lot.1001”は、僕のスタンダード・ジーンスです。





□ neck warmer:Colimbo
  “shooting necker”
□ jacket:Colimbo
  “observer jkt N-1 1st”
□ inner:BlackSign
  “henley neck amish underwear”
□ pants:Warehouse
  “Lot.1001”
□ shoes:BlackSign
  “Army Last Mid Cut Dress”【 Special-made 】
□ bag:Filson
  “twill zip top tote bag”
  

WESTRIDE “WR3001 BEACH FLANNEL” & “MID VENTILE JACKET”



今回 ご紹介する「店主の装い」は…



ウエストライドの新作ネル「WR3001 BEACH FLANNEL」をベースしたコーディネートです。



この“BEACH FLANNEL”は、力織機でビーチクロス風に織り上げたフランネル生地を使って仕上げています。ウール混のビーチクロスの杢調の渋い風合いをコットンで再現した生地感は、オリジナリティーに溢れ、雰囲気も抜群です!



アメカジライクなオールド感も見事に表現されていて、ジーンズ、レザーパンツ、ブリーチーズ、ワークトラウザーと様々なボトムに合わせやすく、装いのイメージがどんどん広がります。



また、ウエスタンシャツ特有のサイドの切れ込みを従来よりも浅目にしてワークシャツよりのシルエットに変更してあるので、コーディネイトしやすくとても着回しの効く1枚になっています。大活躍間違いなしです!



シャツの上に、同じウエストライドの “MID VENTILE JACKET” を羽織ってもいいですね〜!





このレイヤー、お勧めです。 暖かくて、かっこいいですよ〜!



□ jacket:Westride
  “Mid Ventile Jacket”
□ shirt:Westride
  “WR3001 Beach Flannel”
□ pants:Warehouse
  “Lot1082 Chinoes”
□ boots:Redwing
  “Huntsman”
 

COLIMBO “CROAKER FIELD COAT” & WESTRIDE “FUNDING UNIVERSE SHIRTS”



今回の「店主の装い」は、“ウエストライドの新作ネル” をベースしたコーディネートです。



ワークタイプの “FUNDING UNIVERSE SHIRTS” をジーンズと合わせて、コリンボの “CROAKER FIELD COAT” を羽織っています。



大好きなヘビィデューティー・スタイルです。僕らが憧れた「MADE IN USA」のイメージ・・・ 歳をとっても変わらない大好きな装いです。 いいですね〜 この感じ。







このミディアムウェイトのネルシャツは、生地の表面・裏面ともに起毛を施した古着感のある仕上がりで、やわらかな着心地がとってもいいんです。また、デニムに抜群に合う色合いも魅力ですね!







□ hat:Filson
  “Wool Packer Hat”
□ jacket:Colimbo
  “Croaker Field- Coat”
□ shirt:Westride
  “Funding Universe Shirts”
□ inner:DjangoAtour
  “Classic henleyneck longsleeve”
□ pants:Warehouse
  “2nd-hand Lot.1101”
□ sneaker:Moonstar
  “Alweather”
 

Copyright (C) MASUYA DAILY NEWS.All Rights Reserved.