▲TOPへ

MASUYA DAILY NEWS

Archives

DjangoAtour “frenchvictorians linencoat”

きょうの「店主の装い」は…

昨日 に引き続き、ブラックサインの エンジニアブーツ にブリーチーズを合わせたコーディネートです。

妄想が止まらない僕・・・ 今日は、“frenchvictorians linencoat” を羽織って、クラシックな雰囲気を楽しんでいます。

うん、すごくいいですねぇ〜。カッコイイです! 自画自賛(笑)

「こんな装い、僕には… 」って思っている方もいらっしゃるかもしれません。そうですよね、ジャンゴアトゥールに出会うまでは僕もそうでしたから。でも、ひとつトライしてみるとすごく面白い世界観が広がって、またその先を追ってみたくなって。それがほんと楽しくて。 「ちょっと興味があるんだけど…」って好奇心が、しだいにワクワク感に変わっていくかもしれませんよ。 ぜひトライしてみてください。

ジャケット同様にヴィクトリアンな雰囲気のウエストコート。ブリーチーズとの組み合わせもバッチリ! こんな装いもオススメです。

□ hat:DjangoAtour<DAKR>
“meister hat”
□ jacket:DjangoAtour<AL>
“frenchvictorians linencoat”
□ vest:DjangoAtour
“victorians linen waistcoat”
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“victorians linen shirt”
□ pants:BlackSign
“moleskin sheriff breeches”
□ boots:BlackSign
“Engineer Boots”

BLACK SIGN “Engineer Boots”

きょうの「店主の装い」は…

ブラックサインの “Engineer Boots” をベースにコーディネート。このブーツには、やっぱりブリーチーズが合いますね!

上着は、ジャンゴアトゥールのジャケットから、昨日ご紹介したブラックサインのフレンチ・ギャザーコート まで、合わせたいものばかり。『 frenchvictorians linencoat 』『 antiqued linen longjkt 』 『 tail-worque linencoat 』『 victorians linenfrockcoat 』・・・ どれもかっこよくキマるんですよね〜。 あぁ〜 妄想が大暴走。 もう止まりませ〜ん(笑)

そんな中から、今日は ジャンゴアトゥールの “classic seersucker hacking jkt” をチョイス。ブリーチーズとハッキングジャケットは、どちらも馬に乗る際に着る服なので、スタイルもバッチリですよね。ん〜〜〜 カッコイイです!

□ jacket:DjangoAtour<AL>
“classic seersucker hacking jkt”
□ vest:DjangoAtour
“da linen waistcoat”
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“victorians linen shirt”
□ pants:BlackSign
“moleskin sheriff breeches”
□ boots:BlackSign
“Engineer Boots”
 

BLACK SIGN “French Gather Coat”

今日の「店主の装い」は…

ブラックサインの新作 “French Gather Coat” をベースにコーディネート。

1880〜90年代頃にフランスを中心とするヨーロッパの羊使いや労働者が着ていた作業着がモチーフ。

襟周りやカフス部分のギャザー使いとゆったりと羽織れるシルエット。深みのある“ブラックインディゴ・リネン”の色合いと質感。その美しくも妖しい雰囲気は、まさに “ブラックサイン”!

今日は、ブラックサインの定番ブリーチーズに、ローリングダブトリオの 15″ ロングブーツ を合わせています。これが、また かっこいいんです!

□ hat:DjangoAtour<DAKR>
“meister hat”
□ caot:BlackSign
“french gather coat” 「size-38」
□ knit cardigan:DjangoAtour<AL>
“frenchworkers knit cardigan”
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“antiqued linen pintuck shirt”
□ pants:BlackSign
“moleskin sheriff breeches”
□ boots:Rolling dub trio
“Roots 15” -horsebutt black-

[ 着用モデル 173cm/60kg ]
 

DjangoAtour “french widespread linen shirt”

今日の「店主の装い」は…

届いたばかりのジャンゴアトゥールの新作 “french widespread linen shirt” をベースにコーディネート。

シンプルな中にジャンゴアトゥールらしさがギュッと詰まった小粋なシャツです。

オールドホームステッダーの アンダーシャツ の上に着ただけのシンプルなスタイルですが、すごくイイですねぇ!

グレーのヘヴィリネン・インタックトラウザーに、白のレザースニーカーを合わせて。この組み合わせ、カッコイイでしょ! シャツとの相性も抜群。かなり気に入ってます。

シャツを、パーシモン(柿色)からパープル(紫)に着替えて。この色もいいなぁ。もう1色のチャコールグレー(墨黒)も、渋くてすごく雰囲気があるんです。色選びに悩んじゃいますね〜。

千鳥格子柄のライトなリネン素材で仕上げた ファーマーズコート を羽織って。こんな合わせもいいでしょ。

白のレザースニーカー、やっぱりカッコイイなぁ! ココ、今日の装いの大きなポイントのひとつなんです。ようやく大活躍の季節がやってきましたぁ〜。

□ caot:DjangoAtour<AL>
“classic farmers linen coat”
□ shirt:DjangoAtour
“french widespread linen shirt”
□ under shirt:Olde Homesteader
“crew neck longsleeve” –interlock–
□ pants:DjangoAtour
“da intuck heavylinen pants”
□ sneaker:DjangoAtour
“german leather shoes Ⅱ”
 

DjangoAtour “classic seersucker hacking jkt”

きょうの「店主の装い」は…

ジャンゴアトゥールの “classic seersucker hacking jkt” をベースにコーディネート。

長めの着丈と腰のくびれから裾にかけてのフレアーライン、弓なりの袖、深いセンターべント、スラントポケット(ハッキングポケット)と、シャープな印象のシルエットが最高です。

さらに、インディゴ染め・シアサッカーの素材感が、軽快さもプラス。暖かくなると必ず着たくなるジャケットのひとつです。

ジャケットのインナーには、リネンシャツとウエストコートを合わせて、ボトムは “classic frenchwork linen jodhpurs” をチョイス。このワーク感も、すごくイイでしょ!

朝晩のまだ寒い時間帯には、薄手のコートを羽織って。きょうは、ゆったりとしたシルエットバランスが絶妙な マイスターコート をチョイス。もっとシュッとしたコートでも良かったんですが、クタッとしたボトムの雰囲気と合わせて、ちょっと「抜いた感じ」にしてみました。

□ coat:DjangoAtour<DAKR>
“meister coat”
□ jacket:DjangoAtour<AL>
“classic seersucker hacking jkt”
□ vest:DjangoAtour<AL>
“victorians linen waistcoat
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“antiqued wcollar linen shirt”
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork linen jodhpurs”
□ boots:Makers
“philipp” col.black suede”
□ eye-wear:DjangoAtour
“hathaway”
 

Cushman “Herringbone Fisherman Smock”

今日の「店主の装い」は…

クッシュマンの新作 “Herringbone Fisherman Smock” をベースにコーディネート。

“FRECH MARINE WORK” に着目したクッシュマンの新作は、フィッシャーマンスモックをモチーフにシャツのような感覚で着れるようにアレンジされた1着です。生地はしっかりとしたヘリンボーンを使用。ガシガシ着れるタフで着やすいジャケットに仕上がっています。クセがなくサラッと着れて、雰囲気もありますよ。

帽子もイイでしょ。H.W.DOG&CO.の定番の “ROLL CAP” です。ヨーロッパのフィッシャーマンキャップをベースにているので、クッシュマンのスモックにもバッチリ! 被った感じがニット帽に近いので、とても合わせやすいですよ。

足元は、レッドウィングのアウティングブーツ。今日のような装いにもイイでしょ。スタイル、色合い、履き心地、どれも抜群です。ニッカーズにもすごく合うので、これからますます出番が増えますね〜!

□ cap:H.W.DOG&CO.
“fisherman cap”
□ jacket:Cushman
“herringbone fisherman smock”
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork linen jodhpurs”
□ boots:REDWING
“1920s Outing Boot”
 

DjangoAtour “classiqued tailor jacket”

今日の「店主の装い」は…

届いたばかりのジャンゴアトゥールの新作 “classiqued tailor jacket” をベースにコーディネート。

ボトムに、共生地の “classic frenchwork jodhpurs” を合わせています。カッチリとした揃いではなく、ワーククローズとしての気負いのない感じをイメージ。

シャツの裾を出して、こんな風に合わせるのもいいでしょ。

最後は、ちょっと気取ったポーズで(笑)

□ hat:DjangoAtour<DAKR>
“meister hat”
□ jacket:DjangoAtour
“classiqued tailor jacket”
□ vest:DjangoAtour
“cotton knit v-neck vest”
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“victorians linen pullover”
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork jodhpurs”
□ boots:Makers
“vittoria”
□ eye-wear:DjangoAtour
“hathaway”
 

Olde Homesteader “Henley Neck Longsleeve” – Swedenish Army Rib –

今日の「店主の装い」は…

オールドホームステッダーの「Henley Neck Longsleeve –Swedenish Army Rib–」をベースにコーディネートをイメージ。

ジャンゴアトゥールの “anotherline roundcollar b.d. shirt” に、“antiqued linen longjkt” を羽織って、オールドワークスタイルに。

オールドホームステッダーのアンダーシャツは、いろんな着こなしに欠かせないアイテムになること間違いなし。ほんとにイイですよ!

アンダーウエアの域を超えていますね。これ1枚で着ただけでも十分にかっこいいです! インナーにしておくの、もったいない・・・

173/60の僕で「40」がちょうどいいサイズです。このヘンリーネックのほか、インターロック(生地違い)の ヘンリークルー も購入。また装いの楽しみが増えましたぁ〜!!

□ jacket:DjangoAtour<AL>
“antiqued linen longjkt”
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“anotherline roundcollar b.d. shirt”
□ under shirt:Olde Homesteader
“henley neck longsleeve” –swedenish army rib–
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork linen jodhpurs”
□ boots:DjangoAtour<AL>
“classique boots”
 

Olde Homesteader “Crew Neck Longsleeve” – Interlock –

 
新たに取り扱いを始めた「Olde Homesteader」。アンダーウェアを専門的に製作しているブランドです。ビンテージのアンダーウェアをモチーフに、生産効率を優先する時代に流されいつしか一般的ではなくなった素材や縫製に目を向け、極上のアンダーシャツやトランクスを再現しています。インナーにしておくのはもったいない格別の雰囲気と、着ていくことで体に馴染んでいく極上の風合い。とことん品質にこだわってアンダーウェアの本質を追求した逸品揃いです。

今日は、ラインナップの中から “Crew Neck Longsleeve” – Interlock – をご紹介します。 ★昨日ご紹介した “Henley Neck Longsleeve” – Interlock – と同じ素材のクルーネックです。

インターロックは、非常になめらかな肌触りと、適度な肉感と伸縮性、そして型くずれしにくい耐久性を併せ持つ優れた編地です。かつて綿製品のアンダーシャツは “BALBRIGGAN” と呼ばれ、主にヨーロッパで長きにわたり一般的にインターロックの編地が使われてきました。過去にイギリス軍やスイス軍で採用されていたことからも、肌に感じる心地よさや快適さ、過酷な状況下での機能性や耐久性など、その質の高さがうかかえます。一度着るとその良さをあらためて実感していただます。また、当時の仕様が再現された秀逸なディテールも最高ですよ。さらに、当時を彷彿とさせるパッケージやフライヤーもワクワクします。
カラーは「IVORY」 「RUSTIC BROWN」 「OLDE WORKER’S BLACK」の3色、38(S)〜44(LL)の展開です。
 
□ IVORY

 
□ RUSTIC BROWN

□ OLDE WORKER’S BLACK

 
この上質なカットソーは、アンダーウエアの域を超えています。これ1枚で着ただけでも十分にかっこいいです! ぜひ着てみてください。

 
★ “Olde Homesteader” 商品一覧は、こちらをご覧下さい。
 >>> オールドホームステッダー “MASUYA LINEUP”

DjangoAtour “classic heavylinen country coat”

今日の「店主の装い」は…

ジャンゴアトゥールの “classic heavylinen country coat” をベースにコーディネート。春は、こんなコートでの装いがほんと楽しいですね。

ジャケットよりは長くコートと呼べるほど長くないカバーオール的なレングス、ザックリとした素材感、そして、ゆるやかな裾広がりのシルエット。後ろ姿も最高です!

インナーには、お馴染みのコットンリネンのニットカーデを着ています。春と秋には欠かせない1枚なんです。素材感、フレンチワークな雰囲気、これ、ほんとイイんです。

ボトムは、今日もジャンゴの “classic frenchwork linen jodhpurs” を合わせています 。このワーク感、すごくカッコイイでしょ! シュバリエハットもバッチリ合ってますね。

□ cap:DjangoAtour
“heavylinen chevalier hat”
□ caot:DjangoAtour<AL>
“classic heavylinen country coat”
□ knit cardigan:DjangoAtour<AL>
“frenchworkers knit cardigan”
□ vest:DjangoAtour
“da linen waistcoat”
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“victorians linen shirt”
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork linen jodhpurs”
□ boots:Makers
“philipp” col.black suede
 

Copyright (C) MASUYA DAILY NEWS.All Rights Reserved.