▲TOPへ

MASUYA DAILY NEWS

Archives

DjangoAtour “classic seersucker hacking jkt”

きょうの「店主の装い」は…

ジャンゴアトゥールの “classic seersucker hacking jkt” をベースにコーディネート。

長めの着丈と腰のくびれから裾にかけてのフレアーライン、弓なりの袖、深いセンターべント、スラントポケット(ハッキングポケット)と、シャープな印象のシルエットが最高です。

さらに、インディゴ染め・シアサッカーの素材感が、軽快さもプラス。暖かくなると必ず着たくなるジャケットのひとつです。

ジャケットのインナーには、リネンシャツとウエストコートを合わせて、ボトムは “classic frenchwork linen jodhpurs” をチョイス。このワーク感も、すごくイイでしょ!

朝晩のまだ寒い時間帯には、薄手のコートを羽織って。きょうは、ゆったりとしたシルエットバランスが絶妙な マイスターコート をチョイス。もっとシュッとしたコートでも良かったんですが、クタッとしたボトムの雰囲気と合わせて、ちょっと「抜いた感じ」にしてみました。

□ coat:DjangoAtour<DAKR>
“meister coat”
□ jacket:DjangoAtour<AL>
“classic seersucker hacking jkt”
□ vest:DjangoAtour<AL>
“victorians linen waistcoat
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“antiqued wcollar linen shirt”
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork linen jodhpurs”
□ boots:Makers
“philipp” col.black suede”
□ eye-wear:DjangoAtour
“hathaway”
 

Cushman “Herringbone Fisherman Smock”

今日の「店主の装い」は…

クッシュマンの新作 “Herringbone Fisherman Smock” をベースにコーディネート。

“FRECH MARINE WORK” に着目したクッシュマンの新作は、フィッシャーマンスモックをモチーフにシャツのような感覚で着れるようにアレンジされた1着です。生地はしっかりとしたヘリンボーンを使用。ガシガシ着れるタフで着やすいジャケットに仕上がっています。クセがなくサラッと着れて、雰囲気もありますよ。

帽子もイイでしょ。H.W.DOG&CO.の定番の “ROLL CAP” です。ヨーロッパのフィッシャーマンキャップをベースにているので、クッシュマンのスモックにもバッチリ! 被った感じがニット帽に近いので、とても合わせやすいですよ。

足元は、レッドウィングのアウティングブーツ。今日のような装いにもイイでしょ。スタイル、色合い、履き心地、どれも抜群です。ニッカーズにもすごく合うので、これからますます出番が増えますね〜!

□ cap:H.W.DOG&CO.
“fisherman cap”
□ jacket:Cushman
“herringbone fisherman smock”
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork linen jodhpurs”
□ boots:REDWING
“1920s Outing Boot”
 

DjangoAtour “classiqued tailor jacket”

今日の「店主の装い」は…

届いたばかりのジャンゴアトゥールの新作 “classiqued tailor jacket” をベースにコーディネート。

ボトムに、共生地の “classic frenchwork jodhpurs” を合わせています。カッチリとした揃いではなく、ワーククローズとしての気負いのない感じをイメージ。

シャツの裾を出して、こんな風に合わせるのもいいでしょ。

最後は、ちょっと気取ったポーズで(笑)

□ hat:DjangoAtour<DAKR>
“meister hat”
□ jacket:DjangoAtour
“classiqued tailor jacket”
□ vest:DjangoAtour
“cotton knit v-neck vest”
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“victorians linen pullover”
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork jodhpurs”
□ boots:Makers
“vittoria”
□ eye-wear:DjangoAtour
“hathaway”
 

Olde Homesteader “Henley Neck Longsleeve” – Swedenish Army Rib –

今日の「店主の装い」は…

オールドホームステッダーの「Henley Neck Longsleeve –Swedenish Army Rib–」をベースにコーディネートをイメージ。

ジャンゴアトゥールの “anotherline roundcollar b.d. shirt” に、“antiqued linen longjkt” を羽織って、オールドワークスタイルに。

オールドホームステッダーのアンダーシャツは、いろんな着こなしに欠かせないアイテムになること間違いなし。ほんとにイイですよ!

アンダーウエアの域を超えていますね。これ1枚で着ただけでも十分にかっこいいです! インナーにしておくの、もったいない・・・

173/60の僕で「40」がちょうどいいサイズです。このヘンリーネックのほか、インターロック(生地違い)の ヘンリークルー も購入。また装いの楽しみが増えましたぁ〜!!

□ jacket:DjangoAtour<AL>
“antiqued linen longjkt”
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“anotherline roundcollar b.d. shirt”
□ under shirt:Olde Homesteader
“henley neck longsleeve” –swedenish army rib–
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork linen jodhpurs”
□ boots:DjangoAtour<AL>
“classique boots”
 

Olde Homesteader “Crew Neck Longsleeve” – Interlock –

 
新たに取り扱いを始めた「Olde Homesteader」。アンダーウェアを専門的に製作しているブランドです。ビンテージのアンダーウェアをモチーフに、生産効率を優先する時代に流されいつしか一般的ではなくなった素材や縫製に目を向け、極上のアンダーシャツやトランクスを再現しています。インナーにしておくのはもったいない格別の雰囲気と、着ていくことで体に馴染んでいく極上の風合い。とことん品質にこだわってアンダーウェアの本質を追求した逸品揃いです。

今日は、ラインナップの中から “Crew Neck Longsleeve” – Interlock – をご紹介します。 ★昨日ご紹介した “Henley Neck Longsleeve” – Interlock – と同じ素材のクルーネックです。

インターロックは、非常になめらかな肌触りと、適度な肉感と伸縮性、そして型くずれしにくい耐久性を併せ持つ優れた編地です。かつて綿製品のアンダーシャツは “BALBRIGGAN” と呼ばれ、主にヨーロッパで長きにわたり一般的にインターロックの編地が使われてきました。過去にイギリス軍やスイス軍で採用されていたことからも、肌に感じる心地よさや快適さ、過酷な状況下での機能性や耐久性など、その質の高さがうかかえます。一度着るとその良さをあらためて実感していただます。また、当時の仕様が再現された秀逸なディテールも最高ですよ。さらに、当時を彷彿とさせるパッケージやフライヤーもワクワクします。
カラーは「IVORY」 「RUSTIC BROWN」 「OLDE WORKER’S BLACK」の3色、38(S)〜44(LL)の展開です。
 
□ IVORY

 
□ RUSTIC BROWN

□ OLDE WORKER’S BLACK

 
この上質なカットソーは、アンダーウエアの域を超えています。これ1枚で着ただけでも十分にかっこいいです! ぜひ着てみてください。

 
★ “Olde Homesteader” 商品一覧は、こちらをご覧下さい。
 >>> オールドホームステッダー “MASUYA LINEUP”

DjangoAtour “classic heavylinen country coat”

今日の「店主の装い」は…

ジャンゴアトゥールの “classic heavylinen country coat” をベースにコーディネート。春は、こんなコートでの装いがほんと楽しいですね。

ジャケットよりは長くコートと呼べるほど長くないカバーオール的なレングス、ザックリとした素材感、そして、ゆるやかな裾広がりのシルエット。後ろ姿も最高です!

インナーには、お馴染みのコットンリネンのニットカーデを着ています。春と秋には欠かせない1枚なんです。素材感、フレンチワークな雰囲気、これ、ほんとイイんです。

ボトムは、今日もジャンゴの “classic frenchwork linen jodhpurs” を合わせています 。このワーク感、すごくカッコイイでしょ! シュバリエハットもバッチリ合ってますね。

□ cap:DjangoAtour
“heavylinen chevalier hat”
□ caot:DjangoAtour<AL>
“classic heavylinen country coat”
□ knit cardigan:DjangoAtour<AL>
“frenchworkers knit cardigan”
□ vest:DjangoAtour
“da linen waistcoat”
□ shirt:DjangoAtour<AL>
“victorians linen shirt”
□ pants:DjangoAtour
“classic frenchwork linen jodhpurs”
□ boots:Makers
“philipp” col.black suede
 

Olde Homesteader “Henley Neck Longsleeve” – Interlock –

 
新たに取り扱いを始めた「Olde Homesteader」。アンダーウェアを専門的に製作しているブランドです。ビンテージのアンダーウェアをモチーフに、生産効率を優先する時代に流されいつしか一般的ではなくなった素材や縫製に目を向け、極上のアンダーシャツやトランクスを再現しています。インナーにしておくのはもったいない格別の雰囲気と、着ていくことで体に馴染んでいく極上の風合い。とことん品質にこだわってアンダーウェアの本質を追求した逸品揃いです。

今日は、ラインナップの中から “Henley Neck Longsleeve” – Interlock – をご紹介します。 ★昨日ご紹介した – Swedenish Army Rib – の生地違いです。

インターロック(写真/下段)は、非常になめらかな肌触りと、適度な肉感と伸縮性、そして型くずれしにくい耐久性を併せ持つ優れた編地です。かつて綿製品のアンダーシャツは “BALBRIGGAN” と呼ばれ、主にヨーロッパで長きにわたり一般的にインターロックの編地が使われてきました。過去にイギリス軍やスイス軍で採用されていたことからも、肌に感じる心地よさや快適さ、過酷な状況下での機能性や耐久性など、その質の高さがうかかえます。一度着るとその良さをあらためて実感していただます。また、当時の仕様が再現された秀逸なディテールも最高ですよ。さらに、当時を彷彿とさせるパッケージやフライヤーもワクワクします。
カラーは「IVORY」 「RUSTIC BROWN」 「OLDE WORKER’S BLACK」の3色、38(S)〜44(LL)の展開です。
 
□ IVORY

 
□ RUSTIC BROWN

□ OLDE WORKER’S BLACK

 
この上質なカットソーは、アンダーウエアの域を超えています。これ1枚で着ただけでも十分にかっこいいです! ぜひ着てみてください。
 
なお、明日は 同素材(インターロック)の編地で仕上げたクルーネックのロングスリーブをご紹介します。ご期待くださ〜い。
 

Olde Homesteader “Henley Neck Longsleeve” – Swedenish Army Rib –

 
新たに取り扱いを始めた「Olde Homesteader」。アンダーウェアを専門的に製作しているブランドです。ビンテージのアンダーウェアをモチーフに、生産効率を優先する時代に流されいつしか一般的ではなくなった素材や縫製に目を向け、極上のアンダーシャツやトランクスを再現しています。インナーにしておくのはもったいない格別の雰囲気と、着ていくことで体に馴染んでいく極上の風合い。とことん品質にこだわってアンダーウェアの本質を追求した逸品揃いです。

今日は、ラインナップの中から “Henley Neck Longsleeve” – Swedenish Army Rib – をご紹介します。
かつてスウェーデン軍に採用されていたビンテージ・アンダーシャツをモチーフにしたリブ編みのヘンリーネック・ロングスリーブです。程よい肉感と伸縮性のある生地は、保温性と通気性のバランスがよく、心地のいい肌触りと着心地を体感していただけます。凹凸のある編地の表情も魅力です。また、脇下のガゼットやストレスのない縫製をはじめ、首裏の2重仕立て、脇下のガゼット、袖口と裾あぜ編みリブの仕様も魅力。生産効率を優先する時代に流され消えていった当時のディテールもしっかりと再現されています。カラーは「IVORY」 「RUSTIC BROWN」 「OLDE WORKER’S BLACK」の3色、38(S)〜44(LL)の展開です。当時を彷彿とさせる専用ボックスも◎!
 
□ IVORY

 
□ RUSTIC BROWN

□ OLDE WORKER’S BLACK

 
この上質なカットソーは、アンダーウエアの域を超えています。これ1枚で着ただけでも十分にかっこいいです! ぜひ着てみてください。
 
なお、明日は素材違い(インターロック)の編地で仕上げたヘンリーネックのロングスリーブをご紹介します。ご期待くださ〜い。
 

動画!『店主の装い』DjangoAtour “classic maquignon linencoat”

 
『店主の装い』動画版の5回目です。今回は、ジャンゴアトゥールの “クラシックリネンマキニョンコート”をベースにしたワークスタイルをご紹介します。

 
コーディネートや、アイテムごとの詳細については、”YouTube” の「概要欄」でご覧いただけます。

 
★ “YouTube” のチャンネル登録、ぜひ お願いします!
 

ただいま編集中です。

今日の店主は…

久しぶりの動画UPにむけて、ただいま巻き巻きで編集中です。
もうちょっとだけお待ちくださ〜い。

Copyright (C) MASUYA DAILY NEWS.All Rights Reserved.