▲TOPへ

MASUYA DAILY NEWS » CORONA “CORONA WEP JACKET”

Archives

CORONA “CORONA WEP JACKET”



今日ご紹介する「店主の装い」は…

CORONA “CORONA WEP JACKET” でのコーディネート。U.S NAVY G-8 J-WFS(米海軍フライトジャケット)をウインドブレーカーのように軽い気分で羽織れるようにモディファイした新作です。素材も高密度ナイロンタフタの表裏仕様で製作。ほんと、CORONAらしいアイテムです。カラーもプレーンな「BLACK」のほか、「LEOPARD OD」と「LEOPARD KHAKI」の3色。ブラックで渋くまとめるのもいいし、ヒョウ柄でいつもと違った雰囲気を楽しむのもオススメ! 今回は「LEOPARD OD」を着ています。









第二次大戦後の1940年代後半、クリスチャン・ディオール初のコレクションにヒョウ柄が登場しモード界を席巻しました。ヒョウ柄というのは、“モードのシンボルでもあり、戦争から解放された自由の象徴” でもあったそうです。そんな柄をナイロンリップストップにのせてライトアウターのミリタリージャケットに仕上げる遊び心と独特のセンス。最高ですね!



□ knit beret:King Rich Bros. (DjangoAtour)
 “Hand Knitting Brat Beret”
□ jacket:Corona
 “corona wep jacket”
□ inner:BlackSign
 “fancy brosom l/s henley jersey”
□ pants:DjangoAtour
 “da intuck heavylinen pants”
□ shoes:DjangoAtour
 “german leather shoes”

Copyright (C) MASUYA DAILY NEWS.All Rights Reserved.